証券会社を選ぼう!状況に応じた二つの選び方とは?

オンライン取引なら手数料が重要

株取引を行うときにオンライン取引で自力で運用していきたいと考えているなら証券会社の選び方で重要なのは手数料です。オンライン取引では基本的には全て自己判断で行うことになるため、証券会社としての実力よりも重要なのが手数料を減らして安く取引をできるようにする点にあります。オンライン取引を専門としているネット証券会社の方が概して手数料は安いことが多いので優先して選ぶのが賢明です。ただし、ファンドなどの他の取引も並行して行っていくという場合にはその商品のラインナップも考慮しなければなりません。あくまで株取引だけに執着して投資を行っていくという場合にだけ手数料を最優先して証券会社を選ぶという考え方が通用します。

店頭取引は信頼性と実績が必須

株取引をするときに自分だけでは不安という場合には証券会社の担当者の力が重要になります。信頼性と実績が重要になるのが店頭取引で株取引を行っていく場合であり、大手を選んでおくと大きな失敗は避けることが可能です。しかし、大手会社であったとしても担当者の実力に左右されやすいことから、実際に話をしてみて知識が十分にあり、アクティブに仕事を行っている人だということを確認しなければなりません。そのような担当者に出会えるまでアクセスの良い証券会社は一通り巡ってみることが大切です。それでも難しいというときには電話取引も考慮に入れて、距離が遠い証券会社にも連絡を入れてみると優秀な人に巡り会える可能性が高まります。

株式の信用取引の金利とは、証券会社から株式を借りて取引をすることをいいます。一概に金利といっても証券会社によってその数字は違うので、信用取引をする際は比較してみるのが一番です。