一度にすべて合格しないといけないの?いろいろな取得方法を知ろう!

計画的に少しずつ科目合格を増やしていく

中学を卒業した後、将来的に大学や専門学校に行きたいときには高校に進学するのが早道です。日本には飛び級制度があまり浸透していません。ですから、中学からすぐに大学には行けません。大学に入学するには、高校を卒業するための資格に加え、18歳でないといけないなどの年齢要件があります。高校進学以外であれば、高卒認定試験の合格によって大学の受験が可能になります。少ない時は8科目、多ければ10科目の合格が必要になります。取得方法としては、少しずつ科目合格をしていくのが安全でしょう。中卒後すぐに目指すなら、18歳までに合格すれば一応は同級生に追いつけます。一度にすべて合格する必要はないので、1回で数科目ずつの合格を目指せばいいでしょう。

通信制高校やサポート校をうまく活用する

高校の卒業はしたいが、全日制の高校には通えなかったり、通うのが嫌なケースがあります。その時の選択肢には高卒認定試験の合格と通信制高校の卒業があります。通信制高校は単位制の高校で、通信教育とスクーリングで単位が取得できます。高卒認定なら、基本的には科目の合格を目指しますが、苦手な科目などは自分で勉強するのが大変に感じるかもしれまえせん。そこで、通信制高校で科目の単位の取得を目指します。単位が取れると、高卒認定試験の科目免除が得らえる可能性があります。免除されれば試験を受けなくてもその科目の合格になります。その他、サポート校の利用があります。実際に通って勉強ができるので、先生からわからないところなどを教えてもらえます。

高校卒業資格とは、高等学校を卒業した人が手に入れることができる資格です。大学や専門学校などの進学の際に重宝します。