税理士は何をしてくれる?経理指導や税務申告はお任せ!

経理事務の指導をしてもらう

会社には経理部があり、取引を仕訳する業務があります。簿記の知識を持っていればできますが、ただ仕訳をすればよいわけではありません。会社の経費の中には、税務上経費にできないものがあります。あまり経費にできなければ、その分利益が多くなり、支払う税金も多くなります。税金が多くなれば出ていくお金も多くなるので、会社としては運営がしにくくなります。税理士がしてくれるのは、経理事務の指導です。経理担当者と言ってもすべての人が簿記の知識や会計の知識を持っているわけではありません。きちんと仕訳ができない人もいます。その人に対して、正しく仕訳ができるように指導をしてくれます。経理担当者の事務能力をアップさせてくれます。

難しい税務申告を行ってもらえる

サラリーマンの多くは、所得税の申告や納税をしないでしょう。会社が申告も納税もしてくれているからです。確定申告が必要な人もいますが、ごくまれです。一方、自営業者であったり、会社となると税務申告が必要です。申告書はフォームが用意されているので、それに従って記入をすれば誰でも作成はできます。しかし、記入するための情報を計算したりするのが難しいです。また、節税をしたくても、どんな方法があるのかわからないと、それができないまま申告してしまいます。税理士は、難しい税務申告をしてくれます。ですから、必要な書類や情報を渡しておけば、後は任せるだけです。節税対策などもしてくれるので、無駄に税金を払わないようにしてくれます。

税理なら岡山で豊富な実績を誇る税理士事務所へ依頼することで、より安心して業務を任せられる他、有益なアドバイスも受けられます。